キャンプ場情報

Entry 373   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    


現地でレンタル、配送料不要で、フィッティング可能そらのした


登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】


日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】

ご近所沿線ハイキングのススメ

ご近所沿線ハイキングのススメ

 そろそろ夏のアウトドアシーズンだ。しかし今年は東日本大震災の影響、東京電力の原発事故などにより、気分的に遠出に躊躇してしまう人が多いという。なるべく普段通りに休日を過ごしたいものだが、そう思う人が多いのは仕方がない思う。遠出中の大きな地震や、停電で電車が止まって帰ってこられないなど、不測の事態を心配してしまうのだろう。思い切って遠出をして楽しめればそれにこしたことはない。しかし意外と近場にもなかなか楽しめるアウトドアフィールドある。



 今回は“ご近所”第1弾として小田急線沿線のハイキングルート「小田急沿線自然ふれあい歩道」をご紹介したい。新宿から小田原を結ぶ小田原線と、新百合か丘から唐木田を結ぶ多摩線沿線は、多摩丘陵や丹沢山地に近く、散策コースや本格山岳コースが周囲にたくさんあるのだ。その中で駅から近いコースを取り上げる。

 小田急沿線自然ふれあい歩道は、沿線の自然や文化財とふれあえる、全70コースからなるおおむね4~5km程度の歩道だ。小田急線全駅をカバーしているのがすごいところ。

 私はその中で今年の初めからいくつかのコースを歩いた。どのコースも駅から近くて道標もしっかりしているし、ウェブサイトで公開されている地図も正確でわかりやすかった。これならいつか全てのコースを踏破したいと思う人も出てくるだろう。

 歩いた中で気に入ったのは「はるひ野駅~黒川駅コース」だ。小田急線の一番新しい駅はるひ野から真新しい住宅街を抜けて、よこやまの道という古代からの交通の要衝を辿る。ここは尾根道になっていて眺めもよく大変緑も多くて気持ちがいい道だ。

 そのままなにやらアヤシイ通信鉄塔を見ながら三角点のある神社を抜け、若葉台方面に道は下っていく。広々とした若葉台公園の先にはホタル飼育場がある。そろそろシーズンなので夕方から見に行ってみるのもいいだろう。そのまま川に沿って歩くと上谷戸親水公園に出る。ここには水車小屋やトイレがあるので休憩にもいい。

 ほどなくすると鶴川街道に出る。多摩丘陵の谷戸とニュータウンのマンション群を見ながら歩こう。昔はこの周囲は緑深い丘だったはずなのだ。若葉台総合高校を目指して京王相模原線を越えると終着の黒川駅はもうすぐだ。駅の近くに飲食店類は全くないので注意したい。

 コースは歩きやすくしっかりと整備されているが、歩く際ははき慣れたハイキングジュースと雨具、飲み物、携行食を必ず持とう。またルートマップはプリントアウトするか、iPhoneなどのスマートフォンにPDFをダウンロードしていくことをオススメする。近場で短いコースといえども油断は禁物だ。

 小田急沿線自然ふれあい歩道には、ぽっかり1日空いたらカメラを持って散策するのにもってこいのコースがたくさん存在する。また気に入ったコースをご紹介したいと思う。
nikkei TRENDYnet 6月14日(火)11時23分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110614-00000002-trendy-ind



梅雨時も小雨くらいだったら、積極的に外に出たいですね☆
関連記事

2011/06/14   キャンプ場関連ニュース     373TB 0   373Com 0  


現地でレンタル、配送料不要で、フィッティング可能そらのした


登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】


日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://canyoning.blog36.fc2.com/tb.php/373-48f172bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。